赤裸楽日記

備忘録Blog

映画鑑賞:映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~

見たら見たで面白い

 

毎年恒例に見に行く大人もいるとは思うけど、自分は子供の付き添いで毎年見に行く。今年も行きますか!? という感じで見に行くんだけど「しんちゃんTHE MOVIE」は、なんだかんだで面白い。

ãæ ç»ã¯ã¬ã¨ã³ããã¡ãã ççï¼ã«ã³ãã¼ãã¼ã¤ãº ï½æ麺大乱ï½ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

今年のメインはマサオ君。マサオ君可愛い♡ でも、しんちゃんのなんでもできちゃう才能に嫉妬するところなんて最高に感情移入できる。

 

プニプニ拳とかおしりネタとか本当にくだらない。だけど、中盤から後半にかけて、敵をやっつけた後で正義の味方が強大な力を手に入れた後は…

結構、ギクッと来るような大人の黒い部分も惜しみなく出て来るので子供はどういう感情で見てるのかな?と考えてしまった。

 

毎年毎年同じようで違う雰囲気の物語を持ってくるあたり、凄いなぁ。でもなぜだか分からないけど、今年のしんちゃんにはあまりハマらなかったな。

ただの好みの問題だろうけど。

 

見たら見たで面白いのは分かっているけど、一人で見に行くことは決してないと思う。子供のリクエストで見に行くんだけど、いつまで行くのかな~

 

 

 

 

 

購買品:革のブックカバー

TOLVE(トルヴェ)

本革ブックカバー 日本製 TO-C001 (07.ヴィンテージブラウン)

 

 

最近の読書はほとんどが電子書籍

読みたい本がKindleにない場合は諦める事が多いのだが、どうしても読みたい場合や図書館で借りた場合は紙媒体で読む事もある。

 

以前は、自分がどんな本を読んでいてもそれにカバーをつける事はなかった。店で付けてくれる紙のやつも断ってたし。なぜなら人に見られて恥ずかしいものなんて読んでないから、と言う信念があったから。

でも最近は何となく恥ずかしくてブックカバー付けちゃう(*´∀`*)  嫌な大人になったもんだな。

 

色はヴィンテージブラウンを選択。

使い始めは皮の匂いが強く、人によっては嫌だと思う。しばらくすると落ち着いていい感じ。手触りも気に入っている。

サイズは問題なし、京極夏彦のような極端に分厚い文庫本でなければまず問題なく入る。

 

初めてのブックカバー、気に入った。

 

 

映画鑑賞:パシフィック・リム :アップライジング

ããã·ãã£ãã¯ãªã ã¢ããã©ã¤ã¸ã³ã°ææ³ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

上映開始2日目、土曜の昼という事もあり満員、最前列で鑑賞。

最近の映画館は最前列でも見にくくないのね、むしろ迫力あるかも(*´∀`*)

 

【ネタバレあり】

前評判が異常に悪いので少し心配はしてたけど、世間の評価とのシンクロ率は体感60%ぐらいなのでそこまでは心配してない。ちなみに前作は大好き。

 

前作から10年、地球は復興へ歩み同時に次なる怪獣に対して準備も進めていた。そこに突然正体不明のイェーガーが出現、ロボット対ロボットの戦いが始まる。何とか撃退すると、実は正体不明のイェーガーは寄生虫みたいな怪獣が操ってた!

 

そんなこんなでイェーガーよりも簡単に遠隔操作可能な戦闘ロボットを全世界に配備する事に。どう考えても一斉操作不能のフラグ立ちまくり(オーダー66さながら)。

 

予想通り、全世界に配備されたロボットが一斉反乱、その攻撃でみんなボロボロ・裂け目が開いてきてKAIJYUがやってくる。といっても色々あって3体のみ。しかし現状では大変!みんなの力を合わせて撃退する事に。色々あって3体が合体し巨大KAIJYUに、KAIJYUの目的は富士山!色々あってやっつける。

 

 

感想を一言でいうと、

「まあ面白くなくはないけど…」

 

最後巨大KAIJYUが富士山を四つ足でよいしょよいしょと登るシーンなんて、「インディペンデンスデイ:リサージェンス」のスクールバスとマザーとの追いかけっこを思い出させられて気分が悪くなった。

 

あと、マッケンユウに全く気が付かなかった。セリフあった?最後にイエーと拳を突き上げてたのは分かったけど…

 

まあ完璧な作品の続編としてはこんなものかなと…

 

 

 

 

日々ノ事:壊れない傘が壊れた日

お気にの折りたたみ傘が壊れた

ãã»ã³ãºããã¢ã³ãã¬ã©ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

この傘は、SENZ Umbrellasというオランダのメーカーの傘で、どんな強風でも壊れない、強風をいなす傘として一時期話題になったもの。その時購入して、このアシンメトリーな形とコンパクトさ、頑丈さでずっと使用してきた。

(5・6年ぐらい前だったと思うけど、フジテレビに『ほこ×たて』という最強vs最強はどちらが勝つか?という番組があって、vs風力マシンという回でこの傘が出てた。ちなみに『ほこ×たて』は悪質なヤラセが発覚して即終了した。)

 

しかし先日、雨が降ってきた時に柄の部分を引っ張って伸ばそうとした時にそのままストッパーらしきスチール製の部品がバッキリ外れて繋ぎ目から二つに分かれてしまった(T_T) アルミの部分が割れていて修復不可能の状態に!

 

f:id:dthunderstruckc:20180412170849j:plain

f:id:dthunderstruckc:20180412125321j:plain

 

流石、傘の帆の部分(こういう言い方が正解かどうかは分からないけど)は全く壊れることなく使用できていたけど、柄の部分に金属疲労(勤続疲労)が来てたのね…

今まで長い間ありがとう(¯―¯٥)

 

また同じのを買おうかと思ったけど既に製造終了してたのね…

別の折り畳み傘を探すことにします。

食レポ:名古屋辛ジロー 天風

名古屋のガッツリ二郎系

 

食べたのは『天風辛ジローしょう油味』¥850

野菜普通、ニンニク普通、3辛

f:id:dthunderstruckc:20180410141825j:plain

 

土曜日の13時頃に来店、2~3人待ってる。店はカウンターのみの10席ぐらいかな。汚め。

席に座ると大将のタイミングで声がかけられて野菜・にんにく・脂・辛さを注文。ちょっと気難しめの大将、怖そう。カスタムの仕方はちゃんと書いてあるので大丈夫。大体3杯ずつぐらい作ってる。

 

野菜(ほぼもやし)はシャキシャキで玉葱も良い感じ♬

スープは割とスッキリとした味で肉ミンチが良い感じ♬

チャーシューは脂身の少ないけど柔らかい♬少し少ない。

ただ辛ジローというだけあって辛麺を期待したけどそうでもなかったな~3辛を注文したけど唐辛子に強い人は迷わず5辛で良いと思う。

 

次はみそ味・豚入り・5辛にしてみよう♬

美味しゅうございました。

食べ過ぎた。ちなみにダイエット中。

 

f:id:dthunderstruckc:20180410141821j:plain

 

 

音楽鑑賞:Adabo「Adabo」(2017年)

夏向き♬

ピッタリのアルバムを発見!

広島県福山市を中心に活動しているパーカッションバンド(と言ってもアコギ・バイオリン等様々な楽器で構成されているが、印象的にパーカッションバンドと呼ばせてもらった)のAdabo(エイダーボって読むのかなぁ?)

このアルバムは自主制作かな?Amazonで¥1,000。  

 

freedom-house.jp

 

HP見ると昨年は何回かライブもやってたみたい。

 

このバンドを知ったきっかけは偶然で、インターネットラジオPodcast内で最近聞き始めた広島カープ応援番組に、『CARPCAST』というのがあって、そこのオープニング曲に使用されていたのがAdaboの曲だった。 

(CARPCASTとは、カープ大好きおじ様が数人であーだこーだとカープに対する喜怒哀楽を語り合うカープファンのカープファンによるカープファンのためのラジオ番組)

 

Podcastは権利の関係で市販の楽曲が使用されることはほとんど無いので、この曲を聞いた時には、「自分たちで録音した音源なのかな〜、それにしてはめちゃくちゃカッチョエエなあぁ。」と思っていた。ところが、たまたまCARPCASTのHP見た時に楽曲紹介されていて、市販されていることを知り即買い!

www.youtube.com

 

内容は、全7曲で26分。

半分ぐらいがインストゥルメンタル、時々入る歌詞がグッとくる。

「いつか見た夢の扉開く事よりも大切な手にしたぬくもり握りしめ、君は行く僕も行く」 切ない感じもするけど希望にも溢れる感じもする大好きなフレーズ。

 

独特のリズムでフワフワする気持ち良い曲もあれば、アコギをかき鳴らす疾走感に溢れた曲もあり、何処かで聞いたことが有るよう無いような懐かしい感じ(褒)。途中、レッドツェッペリンの『Kashmir』ライブバージョンを聴いてるような気分になった。

 

ライナー見るとみんな本当に楽しそうに音楽している。こういうバンドが音楽のみで喰っていける時代はもう来ないんだろうけど続けて欲しいなー

ライブ行ってみたい。中部地方の小さなフェスにでも来ないかなー。

 

 

ちなみにCARPCASTはこちら。エンディングの歌もカッチョエエ

 CARPCAST-ã«ã¼ãã­ã£ã¹ã

CARPCAST-カープキャスト – 広島東洋カープを応援するpodcast番組

 

 

日々ノ事:本気減量糖質熱量制限生活記録⑥

筋トレ編

 

糖質制限を初めてもうすぐ2ヶ月、体重変化がなくなって久しい。

開始後2〜3週間で5kgの減量に成功したのだが、そこからズゥ~っと80kg前後での攻防が続いている。

 

停滞期にしては長くないか?

『停滞期に入った場合の解決策は「耐える」ことのみ。』もう少し頑張ってみよう。

 

しかし、少し作戦を変えてみようと思う。

というのも減量開始後すぐに5kg落ちたのだが、何だか筋肉が落ちただけのような気がする。身体は軽くて楽なんだけど何だか階段駆け上がる時にしんどい気がする。

 

 

f:id:dthunderstruckc:20180410141420p:plain

 

 

とりあえず下半身を中心に筋トレを始めた。(イラストは上半身だけど)

筋トレをする日は筋肥大の事も考えて糖質を150g程度は摂取する事にした。

  

 

【記録】

f:id:dthunderstruckc:20180410141159p:plain