赤裸楽日記

備忘録Blog

映画鑑賞:カメラを止めるな!

社会現象にもなってきそうな勢いでその信者を増やし続けている話題作、

カメラを止めるな!、ヤッター!TOHOシネマズ 名古屋ベイシティにて鑑賞!箱も大きく客入りも良好!
kametome.net

 

ãã«ã¡ã©ãæ­¢ãããªãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

たしかに面白い。ものすごく面白い。

内容は、「ゴリゴリに面倒くさい性格のワンマン監督が廃屋でゾンビ映画を撮影中に…」という事以外何も知らずに見たほうが衝撃は走る!ポスターを見ると「この映画は二度はじまる。」って書いてあるけどそれは見なかったことにして忘れるべし。ただ、ネタを知った上で2回目を見ても最高に面白い。それはそれで面白い。

感想は「あぁ楽しかった。」以外なし!

 

出演俳優がみんな見たことない人ばかりで、制作費300万円って言うのもカルト化現象に拍車をかけてるのだと思う。だって、この映画1本作るのにかかったお金だと、同時期に上映していて全く面白くなかった『ジュラシックワールド』とか『ハン・ソロ』とかだと1分も撮れないんじゃないかな…って考えると爽快だし夢があるよね(^^)

 

とにかくブームに乗って見に行くべし。10年後20年後にスクリーンで見たことを自慢できる1本になるのは間違いない。

 

 

御朱印記録⑪:愛知縣護国神社/名古屋市中区

f:id:dthunderstruckc:20180614155542j:image

 

wikiによると、創建は明治2年尾張藩主の徳川慶勝が、戊辰戦争で戦死した藩士ら25人の霊を祀り、「旌忠社」としたのが始まりだそうです。

 

護国神社と言うと第二次世界大戦戦没者・戦犯者を祀って物議を呼ぶ報道しか印象にないが、他国との戦争であろうが、国内の革命や内戦であろうが、純粋に国の事を思って国のために戦い亡くなった人々の霊を祀って何が悪いのか理解に苦しむ。

 

大きな鳥居が荘厳

f:id:dthunderstruckc:20180614155556j:image

 

神門の前には大きな柱

柱は「太玉柱(ふとたまばしら)」と言うもので、神霊に感謝の意を託し、捧げられたものとのこと。

f:id:dthunderstruckc:20180614155607j:image

 

この神門に向かって左手にある社務所御朱印を頂いた。

シンプルだが丁寧に印していただいた。

 

合掌

 

食レポ:ぶた金ラーメン

f:id:dthunderstruckc:20180528081730j:image

最近はガッツリ系のラーメンをサササッと食べて普段は節制するという食生活を心掛けている。出張ついでに、そのガッツリ系を求めてやってきました岐阜県多治見市、『ぶた金ラーメン』!日本有数の暑い市多治見市、暑い(もとい熱い)わ!

 

店内はカウンター4席、テーブル席が3つ。駐車場は共同駐車場で10台くらい。

 

 

暑いので汁物は遠慮、まぜそばを注文。天かすやら色々乗っていて良い感じ、テーブルには昆布酢とか色々な味付けアイテムが盛りだくさん。

f:id:dthunderstruckc:20180528081623j:image

よく混ぜて実食です

f:id:dthunderstruckc:20180528081627j:image

店名からして、ガッツリコッテリかと思いきやそうでもない。

 醤油ダレ

 麺は太麺モッチリタイプ

 

んんん、なんだか味があっさりしていて薄いな… そうか!水菜がシャッキリとした食感でさわやかな水っぽさを演出しているのだな。

 

男一杯を求めて行くとチトパンチが足りない。

コスパもあまりよくないかなぁ。ゴチソウサマデシタ。

御朱印記録⑩:名古屋東照宮/名古屋市中区

f:id:dthunderstruckc:20180614155435j:image

御朱印は見開きに判子ペタペタで¥600。

片面のもあったと思う。 

 

wikiによると、創建当時の境内は3600坪もあったそう。今は那古野神社と隣り合わせのこじんまりとした境内。

 

葵の御紋になぜだか身が引き締まる、ハハァー。

f:id:dthunderstruckc:20180614155458j:image

 

合掌

御朱印記録⑨:永保寺/岐阜県多治見市

f:id:dthunderstruckc:20180614155213j:image

岐阜県は多治見市にある寺院、虎渓山『永保寺』に行ってきた。

国道19号から案内に従って進んでいくと、大きな無料駐車場あり。そこから歩いて5~10分ぐらいで到着する。

迫力のある御朱印!お気に入りになりました。

 

境内は綺麗に掃き清められていてとても感じ良い。

f:id:dthunderstruckc:20180614155250j:image

 

大銀杏

f:id:dthunderstruckc:20180614155316j:image

 

とても風情のある庭

f:id:dthunderstruckc:20180614155328j:image

 

見どころは他にも色々あるみたい

f:id:dthunderstruckc:20180614155347j:image

 

紅葉の時期はとても良いみたい。

また行ってみようと思う。

 

合掌

読書感想:「A」ーマスコミが報道しなかったオウムの素顔

「A」ーマスコミが報道しなかったオウムの素顔

森達也

 

この本は、森達也氏が実際の取材に基づいてまとめたドキュメントであるが、ややオウム寄りかな?この本を読んでしばらくして、オウム関係の死刑囚に刑が執行されたが、オウム寄りだからと言ってその法律に基づいた執行についてあーだこーだと言う作品ではない。

松本智津夫とかの実刑を受けた幹部連中はほとんど出てこず、末端の信者達にフォーカスが当たっているところが面白い。

 

信者達は純粋な信仰を持ってオウム真理教を信じており、そこには欺瞞が溢れているのかもしれないけど信仰ってそんなものだと私は思っている。遠藤周作原作の映画『沈黙』を見た時も感じたけど、キリスト教徒にひたすら拷問をしながら「神がいるなら何で救いに来ないのか?神がいるなら救いに来るでしょ?救いが来ないなら神はいないね。じゃあキリスト教を捨ててもいいね。」と言う正論(と言えば正論)で信者はひたすら責め苦をうける。でもそういう簡単な理屈では説明出来ないのが信仰なんだと思う。

 

私は信仰を持たないが信仰心を持つ人には偏見や軽蔑は全く持たない。それがオウム真理教に対する信仰を持っている人でも。この作品を読んでその気持ちが強くなった。

 

しかし、実際にオウム真理教が世の中でした事(肯定する事も理解する事も到底かなわない事)は全くの別問題とは出来ないのだが、数ある心境宗教の中の一つとしてたまたまオウム真理教を信じた人々と、それを認めることが出来ない人々の関係を見事にドキュメントとして描いた本作は本当に興味深く楽しかった。

 

映画も見てみたいけどソフトがなかなか手に入らない。

 

「A」―マスコミが報道しなかったオウムの素顔 (角川文庫)

「A」―マスコミが報道しなかったオウムの素顔 (角川文庫)

 

映画鑑賞:ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー

ãã¹ã¿ã¼ç»å

 

最近のSTAR WARSシリーズ、

「フォースの覚醒」には乗り切れず何だかなぁ、

「ローグ・ワン」ではデススター設計図奪回チームのスカリフの戦いに大興奮、チームは本当に全滅してしまうのか!?とハラハラし最後のダース・ベイダー無双に心底震え、

「最後のジェダイには空中遊泳やレジスタンスの船を後ろからチュンチュン攻撃する敵軍と情緒不安定なカイロ・レンに何も感じず、

 

そしてスピンオフ企画第2弾は若き日のハン・ソロを描く!って何の興味も湧かなかったけど子供が行きたいっていうから行ってきた。

 

【ネタバレあり】

ネタバレありって言っても内容はほとんど記憶に残っていない。「思ったよりも面白かった」って先に見に行った友達が言ってたから少しばかりの期待は持ってだけど、思ったよりも面白くなかったなあ。かなりハードル下げた「思ったよりも」だったけど、それを軽々超えてきた。

 

ファルコン号の形がモデルチェンジしてた事に違和感はあったけど、ソロとチューイが並んで操縦してる絵には流石に鳥肌が立った。ランド・カルリシアンも良かった。さらりと逃げていくとこなんて最高!

 

でもなんだろう、「いい予感がするぜ!」って、捻りが利いてるでしょ?「I Hate You !」「I Know !」ってみんな大好きでしょ?さあさぁ喜びなさい!ってそこかしこに入れられても‥ 『最後のジェダイ』の時も、「えぇ!?フォースってこんな事もあんな事も出来るの?」が今回も、ハン・ソロが鮮やかにチューイの言葉を話すとこなんて、「えぇ!?そんな事できたの?」。

 

最後の極めつけはダースモール。ああ、このヒロインはシスの手先だったのね。でも何のために?スパイ活動してたのかな。それなら反乱軍誕生の香り漂うまさにこの場面(ここは好き)でさっそうと引き上げたらダメじゃない?

 

あぁ、やっぱりスターウォーズ面白く無くなったな(*´-`)

MCU凄いなぁ。

期待感が異常に低くなってきているエピソード9はどうなる事やら…