赤裸楽日記

備忘録Blog

映画鑑賞:嘘を愛する女

予告を観るかぎり、とんでもない犯罪者で逃亡中の高橋一生に騙されてた長澤まさみ、その復讐か?追い詰めていくのか?と言った印象だった。

 

「嘘を愛する女 ポスター」の画像検索結果

 

【ネタバレあり】

序盤で、5年も同棲していた高橋一生が、実は全て嘘で本当は何者か分からないと言う事が分かる。しかし、高橋君はクモ膜下出血で意識不明の重体なので、以後、緊迫したサスペンス要素は無い。

 

中盤は、長澤まさみが高橋君の過去を調べるために、雇った探偵の吉田鋼太郎と瀬戸内海へ。ここからバツイチ中年男と性格の悪いキャリアウーマンとのロードムービーへと変換していく。ここで少し眠くなるけど笑える場面もある。

 

終盤は、高橋君が素性を隠していた理由が分かる。その理由にはイヤ〜な気分にさせられるが、最後には切なくてホロリとくる。ラブストーリーだったのね。

 

ハラハラして、クスクスして、イヤーな気分になって、ホロリとさせられる。長澤まさみも最高、性格悪いけど。あー楽しかった。

 

 

でも、吉田鋼太郎高橋一生も、活躍は舞台がメインなのかな?演技が大袈裟に見えて少し冷めるトコもあったかな。

 

ちなみに、高橋君が姿を消した理由は、『育児ノイローゼになった妻が子供を溺死させ自分も自殺する。そしてその場面を見る。』と言う、非常にディープなもの。辛い‥

 

レビュー見ると評価は低いけど私は大好きでした。

後、レビュー見ると「落ちがすぐにオチが分かるのでつまらない。」って書いてる人がいたけど、そんな神の目を持ってたら世の中全部見通せて楽しくないだろうなぁ、と思った。

 

 

音楽鑑賞:DragonForce「REACHING INTO INFINITY」(2017年)

デビュー当初は大好きでよく聴いていたけど最近はチト離れていたDragonForce。

今回は約10年ぶりに2017年発売の最新アルバム(7枚目)を購入した。購入した理由は、久しぶりに『メロスピ』を聴きたくなったから。

 

f:id:dthunderstruckc:20180122182359p:plain

 

久しぶりに聴いたけど、相変わらずのスピード感と気持ち良さ♫

全くぶれないその姿勢に聴きながら思わず涙が滲んできた。いや~本当に全く変わらない音楽性、どこかで聞いたことがある様なピロピロとクサメロ、思わず拳を突き出したくなる高揚感! 分かった!これは演歌だ!

 

関係ないけど、以前Xametal:クサメタルとジャンル分けしてる人がいたなぁ。うまい事を言うと思ったものだ。

 

毎日は聴けないけどやっぱり時々聞きたくなるね。

こういうのはメタル入門にならないのかな?

リーチング・イントゥ・インフィニティ(通常盤)

リーチング・イントゥ・インフィニティ(通常盤)

 

 

 

映画鑑賞:パディントン

う~んハートフル♡

 

以前公開されたときに見に行きたかったけどタイミングが合わず行けなかった。今回、パディントン2公開、いつ行ってもいいようにAmazonで鑑賞。

 

内容は想像通り。

しゃべる熊が街にやってきて迷惑をかけて煙たがれるけど最終的にはお前しかいない、的な。

熊がしゃべるくだりで色々あるかと思ったけどみんな「あぁ熊か。」という感じ。珍しいけどそこまで特別ではないという設定が面白かった。

 

ペルーの山奥で暮らす一家

f:id:dthunderstruckc:20180122180216p:plain

 

地震が起きて一家離散、以前やってきた冒険家を訪ねてロンドンへ向かう事に。

駅で出会った家族に名前を付けてもらい家に泊まる事に。

 

名前は駅の名前から♪かわいい♫

f:id:dthunderstruckc:20180122180219p:plain

 

異文化ギャップネタと他人種ギャップネタはいつどんな時でも鉄板だな。ホントに面白いし、おぇ~となるところも。そんな中、敵出現、珍しい動物をはく製にする局員。

 

いくつになってもお美しいニコール・キッドマン

f:id:dthunderstruckc:20180122180221p:plain

 

色々あって一時家を追い出されたパディントンだが、はく製にされそうになるところを家族で団結して救出!

めでたしめでたし♫

 

う~んハートフル♡

 

音楽鑑賞:OPETH「Sorceress」(2016年)

最初に食べた時は良く分からない味で何だかピンと来ないけど妙に舌に風味が残りまた食べたいなぁと思い何度か食べているうちに病み付きになる料理が世の中にはある(と思う)。

 

音楽のジャンルで言うとプログレ、今のメタルファンがプログレで思い出すのはDREAM THEATERが代表格だと思うけど、これは「プログレッシブ・メタル」。

 

ここでのプログレは「プログレッシブ・ロック」の事。

プログレッシブ・ロック」はもっとドロっとしてて、うねってて、鬱っぽく、湿っていて、複雑でそれでいてメロウでドキドキしてグッとくる感じの音楽。
King CrimsonPink Floyd、YESを代表とすると思うけど、初期のDEEP PURPLE(IN ROCK以前)もかなりいい感じにプログレしてた。

 

f:id:dthunderstruckc:20180118153924j:plain

 

SORCERESS

SORCERESS

 

 

まぁとにかく、

最初に聞いた時は良く分からない曲で何だかピンと来ないけど妙に耳に雰囲気が残りまた聞きたいなぁと思い何度か聞いているうちに病み付きになる音楽が世の中にはあるのだ。

 

今年最初に購入したCDはそんな1枚、OPETHの「Sorceress」。今回OPETHは初体験、WEBのreviewサイトを見ていて妙に気になったので購入。

インストの①に続く②の最初のドラムとギターリフを聴いた瞬間に「これこれっ!」という感じになった。70年代・80年代の雰囲気で、もう少しメタルすると『Spiritual Beggars』に似ている。そういえばどちらもスウェーデン出身か…


アルバム全体としては、ヘビーなリフでの速い曲もあり、アコギの優しい曲もあり、アラビア風の怪しげな音楽もあり非常にバラエティーに富んでるな、という印象。退屈することなく楽しませていただきました。しかし、なかなか疲れるアルバムである事は間違いないな。

 

ジャケットも良い感じ。

美しい孔雀、足元にはcorpse(*´Д`)

 

 

食レポ:いきなりステーキ report of Frito-Lay ⑤

Frito-Layの駄菓子レポート第5弾。

ちなみに、最初にレポートした『からしマニア』を、あれ以来店頭で見た事はない。

 

今回はいきなりステーキ監修のコーンスナック。

全く想像した通りの味、濃くて・しょっぱくて・健康に悪そうな味。食感はスコーンと同じ。

「炭焼きステーキは厚切りレアーで召しあがれ」って、余計なお世話。私はウェルダンが好き。

 

f:id:dthunderstruckc:20180110143908j:plain

f:id:dthunderstruckc:20180110143921j:plain

 

食レポ:からしマニア report of Frito-Lay ① - 赤裸楽日記

食レポ:ドリトス report of Frito-Lay ② - 赤裸楽日記

食レポ:チートス ハード report of Frito-Lay ③ - 赤裸楽日記

食レポ:ドラゴンポテト report of Frito-Lay ④ - 赤裸楽日記

 

 

 

日々ノ事:メタリックナノパズル AT-AT

f:id:dthunderstruckc:20180114104522j:plain

メタリックナノパズル スター・ウォーズ AT-AT

メタリックナノパズル スター・ウォーズ AT-AT

 

 

AT-ATを作成。

難しくてボディはガタガタ、デコボコ。

足はグラグラでフラフラ。

顔の横の主砲、左側は途中で折れてしまったので実は無い。

 

でも、飾るとなかなか見栄えが良くてカッコいい。

写真からは伝わってこないと思うけど…

 

でも、ピンセットのみで組み立てるのはもう限界かな。

次はこのペンチを購入しようと思う。

次はAT-STかなぁ

メタナノ専用ツール(細型)

メタナノ専用ツール(細型)

 

 

日々ノ事:ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド

相変わらずのゼルダな日々

f:id:dthunderstruckc:20180115220949p:plain

 

一日のルーチーンに『ゼルダの伝説』が入って(大体PM11:00頃から1~2時間のプレイ♪)約3週間、相変わらず飽きもせず毎日ハイラル平原を走り回ってる。

 

しかし終わりが全く見えない。物語の流れを簡単に言うと、

はじまりの大地(チュートリアル)

→水・雷・炎・風のそれぞれの属性を持つ神獣をクリア(計4か所)

→最後のボス

 

って言う流れだと思うんだけど現在まだ二つ目の神獣。このままのペースで行くとおそらく半年ぐらいかかりそう(*´Д`)

まあ良いけど(^^♪

 

www.sekirara.xyz