赤裸楽日記

備忘録Blog

映画感想:ベビドラ

ベイビー・ドライバー

ダサい邦題だなと思ったら原題もBaby Driver

ネタバレあり

天才的なドラインビングテクニックで犯罪者の逃走を手助けする「逃がし屋」をしているベイビーは、子どもの頃の事故の後遺症で耳鳴りに悩まされているが、音楽によって外界から遮断さえることで耳鳴りが消え、驚くべき運転能力を発揮することができる。そのため、こだわりのプレイリストが揃ったiPodが仕事の必需品だった。ある日、運命の女性デボラと出会ったベイビーは、逃がし屋から足を洗うことを決めるが、ベイビーの才能を惜しむ犯罪組織のボスに脅され、無謀な強盗に手を貸すことになる。

「ベイビードライバー」の画像検索結果

 

誰誰監督が好き嫌い。とかって余りないのだけれど、このエドガー・ライトは面白最高B級映画の作り手として大好き。その監督が割りとメジャー路線で作成したベイビー・ドライバー、必見。

 

下に貼ってますが、初っ端のカーチェイスシーンはYoutubeであります。結局、このシーンが一番ワクワクしたかなぁ。本人が一番楽しんでドライブしてたのはココぐらいだったから…

ウォーキング・デッドのシェーンが出てたけど、チョイ役。

ダウントン・アビーの子がヒロイン。

ハウス・オブ・カードの大統領イメージが最近は強いケビン・スペイシー

ドラマ面子多し。主人公は初めて見る、可愛い子。

 

まあまあ面白い。主人公がイヤホンで聞いてる音楽が常に流れてて一体感を感じた。

 

www.youtube.com