赤裸楽日記

備忘録Blog

広島カープ:今村の21球

今村猛という男

 

長崎県清峰高校出身

2009年春の甲子園優勝投手

2009年広島カープドラフト1位

 

2011年から毎年50試合以上を淡々と投げるセットアッパー時々クローザー。

カープを低迷期から支えてきた鉄腕。

カピパラに似てる。

2014年・2015年は勤続疲労やWBC疲れ等で調子を落とした。

しかし2016年からは再びそのタフネスとポーカーフェイスで優勝に貢献。

今年も色々な場面で70試合近く投げて優勝に貢献(まだ優勝してないけど)した。

 

抑えても打たれても顔色一つ変えず淡々と投げる姿が大好き。

調子のよい時は、球速は出てないけど糸を引くような球が気持ちよく決まる。

 

関連画像

 

2017/09/14

広島が勝って阪神が負ければ優勝という試合、同点の8回に登板。

ヒットヒットヨンタマであっさりノーアウト満塁。

ピンチになると球のキレが増すスキルで、二ゴロ三振遊直で0点に抑えた。

計21球。

8回裏に味方が勝ち越し勝利投手に。

優勝を決めた今村の投球は、「今村の21球の自作自演」と言われ語り継がれた。

 

最後の1行だけ叶わなかったなぁ…

阪神負けなかったもんなぁ…優勝は明日以降か…

 

今村猛、これからもガンバレー。ケガするなよー。