赤裸楽日記

備忘録Blog

読書感想:インデックス 誉田哲也

姫川玲子シリーズに外れ無し

でもそろそろ長編を

 

[誉田 哲也]のインデックス 警部補 姫川玲子 (光文社文庫)

http://amzn.to/2fi7BIm

 

姫川玲子が所轄(池袋)に移動して細かい事件をこなし、本部へ復帰し細かい事件をこなすまでの短編集。8編で7つの事件。

 

姫川に陰ながら憧れるカフェ店員の話や行方不明の組長の話、ネグレクトの話など、どれもキャラが立ってて面白い。

本部復帰後、姫川班には個性的で強烈な面々が揃うが姫川には合わない。最後に菊田が帰ってきて「主任は僕が守ります。」だって。本格始動は次回からですね。

 

早く続きの長編が読みたい。

以前インタビューで、2014年の後半に「インデックス」という短編集が出て、さらにその翌年に書き下ろし長編を1作出す予定です。

って言ってたじゃない!誉田先生。いつなのよ!?もう2017年ですよ!