赤裸楽日記

備忘録Blog

読書感想:コフィン・ダンサー

リンカーン・ライムシリーズ第2作目

ジェフリー・ディーバー

 

リンカーン・ライムシリーズ第1作目「ボーン・コレクター」を読んだのは随分前で、非常に楽しかったのだが2作目を手に取るまでに随分時間がかかった。

何でもっと早く読まなかったのかと後悔。

[ジェフリー・ディーヴァー]のコフィン・ダンサー 上[ジェフリー・ディーヴァー]のコフィン・ダンサー 下

http://amzn.to/2AmSQQX

 

凄腕の殺し屋と四肢麻痺の科学捜査班の手に汗握る対決!

と言っても、読んでない人にとっては「どして?」となると思うけど、とにかく激しい対決なんだからしょうがない。微細証拠物件を鑑定してジリジリと追い詰めていくのです。

 

ただ、前作はほんとにジリジリとした心理戦だったが、今回は少し派手かな。まあそれはそれでジェットコースター小説、まさに一気読みでした。

 

以前、どこかのブログで「ジェフリー・ディーバーを読んだことのない人は幸せである。なぜならこれから読めるから。」と書いてる人がいたけど、ほんとそれ。

 

しばらくシリーズ読んでいこう。