赤裸楽日記

備忘録Blog

映画鑑賞:マグニフィセント・セブン

荒野の七人リメイク

見てないけど

 

マグニフィセント・セブン (字幕版) | 動画 | Amazonビデオ

「マグニフィセントセブン」の画像検索結果

「荒野の七人」は見たことないが「七人の侍」は大好き。

なんだか最近アントワーン・フークア監督作品を見る機会が多い。どれも骨太男子系で大好物。

 

 

序盤は仲間集め、中盤で村人の訓練と準備、最後戦闘、

という普遍的な流れで物語は進む。

 

7人の仲間はみんな損得で集まったわけでは無いのだがサクサク集まってくるので少し感情移入しにくい。見た目の特徴が薄い白人ガンマンが2−3人いるのだが(俳優としては有名人ばかり)、戦闘が始まったときに村人たちと区別がつきにくい。

 

しかし、7人の内訳はアジア人あり、ネイティブ・アメリカンありとバラエティーに富んでいる。特に、弓使いのネイティブ・アメリカンはカッコイイ。なぜ仲間になったかははっきりしないが…

f:id:dthunderstruckc:20171123112018p:plain

 

7人が並んで映るシーンが何度もあるが、どれもかっこいい。

f:id:dthunderstruckc:20171123104220p:plain

 

荒野の七人、映画本編は見たことなくても音楽は聞いたことがある。

タッ、タッタタ♫の音楽に絶妙に似ているBGMが流れたり、最後の最後に本家のBGMが流れたりと、旧作ファンにはたまらないであろう演出もある(たぶん)。

 

好きなセリフは、デンゼルワシントンが仲間集めをしている時に言う「これから悪いやつと戦いに行く、たぶんみんな死ぬだろう」。

正義のために命をかける人々、大好物。