赤裸楽日記

備忘録Blog

映画鑑賞:RAW〜少女のめざめ〜

うまく表現出来ない気持ちになる映画

 

「raw 少女のめざめ」の画像検索結果

【あらすじ】
16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

 

【ネタバレあり】

まず、フランスの大学の新歓文化がエグい。あんなにペンキをブッかけたり窓から荷物をぶん投げたりする事ってあるのかな?文化が違いすぎる…飛び級してきた主人公を先生も妙にチクチクいびるし…

 

海外では上映中に失神者が続出、ゲロ吐き続出したらしい。

主人公の姉とムダ毛処理をキャッキャしてる時にウッカリ姉の指を切り落としてしまう(!) 姉が気絶している間に、主人公はウッカリ姉の指をガシガシ食べてしまう(!) 姉が目覚めるがそんなに騒ぎ立てる様子もない、姉もなんだか様子がおかしい…

このシーンは確かに不快感マックス。ムカムカした。

 

その後も食人行為を抑えれなくなってくるのだが、その理由が今ひとつ理解できない。最後のシーンで、「悪いことじゃないんだ。自分で消化しなさい。」みたいな事を言われてたけど… まあ食べたくなる肉は愛する人だけだったから究極の愛の形なのか?とか考えたけど、んな馬鹿な!でもまあ結局、愛の物語なのかな

 

妙な気分で映画館を出る。そんな映画だった。

楽しかった。