赤裸楽日記

備忘録Blog

読書感想:司馬遼太郎に日本人を学ぶ

司馬遼太郎に日本人を学ぶ

森史朗 2016年

 

第二次世界大戦に関するノンフィクション物を多く発表している作者。今作は司馬遼太郎の担当編集者であった事を生かして書かれたエッセイ集、というよりガイド本。

 

題名は『日本人を学ぶ』なんて大きな事が書いてあるけど、内容としては司馬遼太郎のお勧め本の紹介・あらすじとそれにまつわる司馬遼太郎との思い出話。これはいまいちだったかな…と読み進めていくと、終盤で司馬遼太郎第二次世界大戦へ至る日本(軍)の没落ぶりを書こうとして断念したエピソードが紹介されている。

 

このエピソードが非常に興味深く、その後に筆者が第二次世界大戦に関するノンフィクション物を多く発表している事を鑑みると、本当に第二次世界大戦司馬史を読みたかった…という思いがひしひしと伝わってくる。

 

自分の一番好きな作品は『坂の上の雲』なので、日露戦争の勝利が日本を第二次世界大戦へ導いた、という司馬史観に基づいた作品を読みたい。という気持ちが強くなる。

 

読みごたえはそんなにないが、司馬遼太郎入門ガイド書としては面白い。