赤裸楽日記

備忘録Blog

食レポ:立川マシマシ9号店

餌を食べに

名古屋駅の北、歩いて5分もかからないところにラーメンを食べに行った。

いわゆる二郎系、いわゆる豚の餌を食べに…

 

名古屋は独特の食文化で鎖国のようになっているため、こういった他県で築かれた文化食の店が出店してくる事はあまりないのだが‥ とにかく名古屋上陸の『立川マシマシ9号店』へ行ってきた。店内はテーブル席1つ、あとはカウンターが10席ぐらい。日曜日の午後8時前、待たずに着席♩

f:id:dthunderstruckc:20180528074015j:image

注文したのは、普通ラーメン300gに肉マシ生卵。値段はいくらだったか忘れたぞ。

注文して5分ぐらいで出てきたぞ。

野菜はシャッキリモヤシだけだぞ。

テーブルに刻みニンニクが置いてあり、ついつい入れすぎてしまうぞ。

f:id:dthunderstruckc:20180528074132j:image

しっかりマゼマゼしてからいざ実食!

 

麺はもちもちで固め、独特の触感の『名古屋風味噌煮込みうどん』のうどんに近い感じがする。スープは濃いめの醤油味。溶き卵をつけ汁にして食べてもマイルドになり良い感じ。ある程度のところで茶色くなった溶き卵もドンブリにぶち込む。

「あぁ喰った喰った♪ ウマシ美味し♫」

 

周りでは肉の乗ったライスを注文している人も。「凄い冷やし中華」ってメニューもあってこちらもスーパージャンキーフードで美味しそう♪ 次来たときは頼もうかなと考えながら、食べ過ぎた事の罪悪感。

 

罪悪感と満足感で良く分からない感情を抱えながらゴチソウサマデシタ。