赤裸楽日記

備忘録Blog

広島カープ:不思議な3連勝

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」

野村克也元監督の名言ではあるが、この名言を先週6/22-の阪神3連戦では痛感せざるを得なかっ。と言うのも3連戦の結果は、『5−3』『11−3』『11−6』と数字だけ見るとわりと楽勝・圧勝に見えるけど、3連戦を真面目にTV観戦した身としてはすべて胃が壊れそうな試合ばかり。

 

それもそのはず、我らがカープ先発陣はまずまず安定しておりこの3戦で失点は1点!ただ5回6回で降板する事が多く、中継ぎ陣には負担がかかる。そんな中、中盤終盤の中継ぎでの失点が増えて追い詰められる。しかしナンダカンダで終盤にポコポコと点をとって結果は楽勝にも見える

3連勝。

 

24日の3戦目なんて勝ったのがホント不思議。中盤で5点リードを奪うもそのリードを中継ぎ陣であっさり吐き出し、後は防戦一方。9回にドリスの一人相撲で勝ち越してホント不思議の勝ちだった。スコアは11-6、これだけ見ると圧勝‥

 

まあ何にせよ久しぶりの3連勝で貯金9。オールスター休みまでは残り5カード。多くは望まない、貯金10を維持してほしいな。

先発はそれなりに揃ってきたかな?中継ぎは再整備がひつようかな?

 大瀬良-野村-岡田-KJ-九里-お試し枠(フランスア?)

中継ぎは、最近撃ち込まれ方が半端ない今村のトコロがアドゥワに変更かな?アドゥワ使い過ぎのような気もするけど… 今村の末梢はしょうがないな、調子を上げて帰っておいで~

 ãåºå³¶ã«ã¼ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ